2005年09月19日

あり塚

踏んでも乗っかっても壊れないほど頑丈で大きなアリ塚があちらこちらに点在していた。
最大で7メートルに達するものもあるよう。
つんつんしてみるとシロアリ達がぞろぞろでてくる。
整腸作用があるとかで、アボリジニの人達はこのアリを食べるらしいが、
よくよく聞いて見れば、体は二つに分かれゴキブリの仲間だとガイドさんは言う。げー。
ちなみにパセリ味だとか。

アリ塚2

周りはこげたユーカリの木。
ユーカリの葉は、油分がとても多いから、乾燥し熱い日差しの中、
葉と葉が擦れあう事で自然発火するらしい。
実際に遠くで山火事が起きていたが、消火活動はしないとのこと。
周りの木々を燃やし、硬い幹に覆われたユーカリ自身だけは生き残るということらしい。
posted by せろり at 17:16| 静岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。