2005年04月19日

レッスン

発表会が終わり、教室の合奏のイベントも終わり、久しぶりに通常の練習曲を開始。
新鮮な気持ちで、教本とエチュードを開く。

教本はViottiのコンチェルト。
こんちぇると〜?!楽譜を覗いてみると小さな音符がびっしり。ところどころ、首の長いエノキの群生地のような箇所もある。このエノキ、とうてい音名をふらなければ対応不可能。
お構いなしに説明をしていく先生の横で、私は必死に音名と指番号を書き込む。

先生によると、エチュードみたいだけど美しく、とてもためになる曲とのこと。
確かに、いい練習になりそうな、ヤナ感じの音符たち。ポジションも1〜8までひとつずつ上がっていき、下がってくる。第8ポジションなんて初めてお目にかかったし、頭は混乱、指はつりそう。

でも、自分の弾けるテンポで時間をかけて練習したいなと思った。


明日はパート練習。ちゃんと見ておくようお達しがあり、悲愴の練習を開始。
四楽章の冒頭に差し掛かった23時頃、雷が激しく鳴りだし、空が荒れてきた。
なんだか叱られてるような気がして、楽器をしまった。音、ひどかったかなぁ。
posted by せろり at 00:27| 静岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エノキの群生地!!!
ツボにハマッて大爆笑しました♪
悲愴の1stも群生しまくりです。勿論「ラ」「シ」「ド」など書いてます(^0^;)目が錯覚を起こします。
Posted by べる at 2005年04月20日 20:23
エノキ、刈り取りたくなる。。

合奏中1stの方の楽譜を覗くと、みごとに群生してますね。あそこまで成長したエノキだと、五線もいらないんじゃないかって。ホントに大変だろうなぁって、いつも思ってます。
Posted by せろり at 2005年04月20日 22:08
そんな時はカラー譜面、Cは青、Gは赤とか・・あ、コピー代高騰ワラ。
Posted by かのんパパ at 2005年04月20日 23:30
音が沢山あって羨ましい限りです。
Posted by タイコ持ち at 2005年04月23日 19:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3035590

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。