2006年09月18日

夏の旅行

今年は、9月14日〜17日の3泊4日の日程で、マカオ・香港に行ってきた。
パスポートを見たら、去年の旅行と同じ日程。
東北6県周遊、長崎、ドイツとあれこれ悩み、
毎度のことながら2週間前にようやく行き先を決定。


マカオ、
1999年にポルトガルから返還され、
西洋と東洋の文化が融合した不思議な情緒があり、
世界文化遺産に認定されている。
人口は50万人程度。カジノと観光収入で成り立っている。



セントレアからキャセイパシフィックの便で香港へ。
香港からすぐにジェットフォイルに乗り換え一時間ほどでマカオへ。

イギリス領だった香港とポルトガル領だったマカオ。
香港入出境、マカオ入出境には返還前と変わらず税関手続きがある。
香港の通貨はHK$、マカオはパタカ。
(HK$も使えるがパタカは香港では使えない)
香港とマカオは民主主義、中国本土は共産主義。
おなじ中華人民共和国なのに不思議なカンジ。なかなか島国に住む日本人の感覚ではわかりにくい。

のんびり出発の一日目は、移動で終了した。






posted by せろり at 17:15| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。