2006年05月30日

予想通りカナ。

本の方がおもしろかった、ダヴィンチコード。

暗号や謎をじっくりと解いていく過程のおもしろさが、
映画では随分はしょられてるなぁという印象。
本を読んでなくても理解できるのかしら、なんて余計な心配したりして。
信仰が人を突き動かす力っていうのも、謎解きと同じくらいに本では印象に残ったところであったけど・・・。
なんだか、映像と音による暴力的な部分が目立ってしまって、ハンカチ握り締め、
かなりビクついていた私でありました。

とはいえ、この本が一体どのような映像になるのか興味があったから、
映画はそれはそれで楽しめたカナ。
posted by せろり at 00:02| 静岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。