2006年04月09日

万年筆

その書き心地、文字の味わい、インクのバリエーションの多さが好きで、
使う頻度が多い。(万年筆に詳しいわけでも、こだわりがあるわけでも
ないのだけど)

8年前から私が愛用しているものは、モンブランの、
万年筆らしいぽってりとした曲線の少ないスッキリした形のもので、
イマイチ可愛げに欠けるのだけど(←既に廃盤ラシイ・・・)、
使うほどに馴染んできている。

ここのところ、万年筆の調子が悪いといって母が私の万年筆を
使ったりしていたが、万年筆のペン先は使い手のくせがついてしまっているので、
お誕生日にプレゼントすることにした。
早速、万年筆を捜しにお出かけ。

ペン先が、ステンレス、14金、18金では
それぞれ柔らかさや紙のひっかかり具合が、
重心の位置によっては握った時の安定感が、
重さや太さは手の大きさや握力によっての感じ方が、
そしてそれらを含めてデザインが、違う。善し悪しでなく、好みの問題。
ずらっと並ぶ万年筆を前に、長く使うだろう大切な一本を
じっくりと母に選んでもらい、パーカーの気に入ったものを見つけた。

私は斬新なデザインのウォーターマン オーダスに目が釘付け。
2本目は遊び心で選んでもいいのかも。欲しいナ。。
 

夕方からは、中高時代のテニス部仲間4人とそのお宅のダンナさんと
ワイワイお鍋をした。
春から司法修習生になる仲間の一人が研修で実家を離れるため、壮行会。
気を遣わずくだらないお話で喉が痛くなるほど大笑いして、
気が付けば8時間近くが経過。慌てて帰宅した。
皆が皆、本当に楽しそうだった。

posted by せろり at 17:43| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。