2006年09月18日

夏の終わり

今日は、8月に行われたカルミナブラーナ演奏会の会計会議に参加した。
全体会計を見ると、まぁなんとかなった!
合唱団とオケで最終決算書を確認し、
手元にあった領収書などの証憑類を合唱団の方に渡し、
これでようやく演奏会の残務が終わった。

当初の予算書作成の段階では、わからない事が多く、
不安もいっぱいだったけれど、終わってみれば本当にいい演奏会だった。
中心になってまとめてくださった合唱団の方々にお礼をいい、
気持ちよく帰ってきた。



旅行も終わり、演奏会の残務も片付いて、
ようやく夏が終わったカンジ。

明日から怒涛のように押し寄せる仕事、
立ち向かう気力が沸いてきた(笑)
さぁ、明日から頑張りますか。
posted by せろり at 21:07| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港

マカオも香港も建設中の高層ビルがとても多い。
香港では、一戸建てに住むのは超お金持ちで、
一般の人々は、高層マンションに住んでいるとのこと。
急な斜面に高層ビルやマンションが立ち並び、
(60階建てでも低い方らしい!)
地震国日本では考えられない眺め。
とはいえ、私が行きの飛行機に乗っている間に、
香港では3.5の地震があり、新聞の一面になっていたけど。。


二階建てトラムに乗り、雑踏の中を走る。
ゴチャゴチャしていて、空気が悪い。(笑)
2階建てトラム.JPG




☆黄大仙廟
高層マンションの合間に寺院が。
お線香の煙がくゆる中、ひざまずく人、お線香を手に拝む人。
境内の周りにはずらっと占い師の館が並んでいる。
黄大仙.JPG



お料理は総じておいしかった。
ポルトガル料理とワイン。
点心に中国茶。
北京ダックと香港ビール。
香港ビール.JPG


香港と言えば、100万ドルの夜景。
展望台から、二階建てバスの上から、フェリーに乗って海上から、
美しい夜景を見ることができた。




心配していた台風の影響も全くなく、
無事にセントレアに到着。
のんびりと高速バスで帰宅した途端に雨が降り出した。
結局、旅行中は傘を使うことなく過ごせた。
楽しい旅行だったナ。





posted by せろり at 19:47| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マカオ

結構、晴れ女度が高い、と思う。
旅先で雨に降られることがとても少なかったりする。



☆聖ポール天主堂跡(17世紀)
正面の壁と階段を残して倒壊しているけど、
階段はなんとなくローマのスペイン階段のよう。
聖ポール天主堂.JPG


☆聖ドミンゴ教会
聖ドミンゴ教会.JPG  聖ドミンゴ教会内部.JPG



☆セナド広場
完全にヨーロッパに来たかのような錯覚に陥る。
セナド広場.JPG



☆ペンニャ教会(17世紀)
マフィアのドンの大邸宅を眺めながら、ペンニャ教会へ。
船員達によって建てられ、航海に出る前にお祈りする船員たちの聖地。
丘の上に立つこの教会からは、マカオ市街や中国本土も一望できた。
ペンニャ教会.JPG  ペンニャ教会内部.JPG



☆媽閣廟
海の女神、阿媽を祀るマカオ最古の寺院。
お線香の煙がすごくて、いるだけで燻製になりそう。
海の女神ってカンジではなかったけど。。
女馬閣廟.JPG



中国本土がすぐ目の前に見える島まで足を伸ばした。
波打ち際には、たくさんのムツゴロウ。

毎日本土から出稼ぎに来る人達がマカオ出境の手続きを済ませ、
船に乗って帰っていくのを眺めていると、
その雰囲気や服装からマカオと本土の違いを感じる。



☆フランシスコザビエル教会
内部は空色で珍しい。
マリア様とキリストの周りには、蓮の花。
ao.jpg 教会.JPG



歩きつかれてカフェに入った。
やっぱりこれを食べなきゃ。エッグマフィン。
カスタードプリンの入った、あつあつでサクサクのパイ。
エッグマフィン.JPG




☆カジノ
至る所に派手なネオンが点在する。
カジノ内は撮影禁止。
とりあえず中に入って眺めていたけれど、
うーん、ルールが良くわかりましぇん。
カジノ.JPG






posted by せろり at 17:37| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の旅行

今年は、9月14日〜17日の3泊4日の日程で、マカオ・香港に行ってきた。
パスポートを見たら、去年の旅行と同じ日程。
東北6県周遊、長崎、ドイツとあれこれ悩み、
毎度のことながら2週間前にようやく行き先を決定。


マカオ、
1999年にポルトガルから返還され、
西洋と東洋の文化が融合した不思議な情緒があり、
世界文化遺産に認定されている。
人口は50万人程度。カジノと観光収入で成り立っている。



セントレアからキャセイパシフィックの便で香港へ。
香港からすぐにジェットフォイルに乗り換え一時間ほどでマカオへ。

イギリス領だった香港とポルトガル領だったマカオ。
香港入出境、マカオ入出境には返還前と変わらず税関手続きがある。
香港の通貨はHK$、マカオはパタカ。
(HK$も使えるがパタカは香港では使えない)
香港とマカオは民主主義、中国本土は共産主義。
おなじ中華人民共和国なのに不思議なカンジ。なかなか島国に住む日本人の感覚ではわかりにくい。

のんびり出発の一日目は、移動で終了した。






posted by せろり at 17:15| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。