2005年11月29日

市民による歓喜の歌大演奏会

練習時間が思うようにとれず、楽譜を開けば次々に現れる難所に、
どこから手をつけていいものやら途方に暮れる。
第九の演奏会もこれで3回目なのだけど、回数を重ねるたびに、
今までどうやって舞台の上で過ごしていたのか疑問を感じるばかり。
ちょっと後ろ向きになりかけていた今年の演奏会。

ゲネプロの最後に指揮者の末廣先生がお話をされた。
第九を演奏する者は、平和のメッセージを伝える責めを負っているということ。
1,2,3楽章の全てを背負い、日常のつまらない感情を超え、
皆の歓喜の気持ちが集結された時に発揮される力で、聴衆に伝えなければならない、と。
そのお話がとても心に響いた。後ろを向いていた私の気持ちが一転した。そして目はハート。
きちんと弾くことはもちろん重要だけれども、それが難しいのなら、
今の自分が出来る箇所を心をこめて大切に弾こうと思った。
先生は、指揮棒でだけでなく、人間力で出演者の精神的な部分も引っ張ったように思う。

とてもいい演奏会だったと思う。本当に楽しかった。
やっぱり出演させていただいて良かった。夕暮れの中、仲間と笑いながら帰った。
指揮者の先生とお話する機会を持てなかったことは、残念だった。

posted by せろり at 01:10| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりに

放ったらかしの畑を耕そう。

10月から11月にかけては猛烈に働いた結果、1ヶ月の時間外が3桁になってしまった。
日付が変わる頃帰宅し、夕飯を取り、お風呂に入って寝るだけ。
仕事しか考えられない余裕のない生活だったなぁ。

とはいっても殺伐なだけじゃなかったカナ。
週末は友人達の結婚式にご招待され、ハッピーな気持ちになったりして。
やっぱりいい、結婚式って。
新生活への期待、感謝の気持ちや喜び、最高に幸せな気持ちが集結していて、清々しい。
一人は中学時代からの大親友。着物をきて、スピーチさせていただいた。
身内のような思い入れのある親友の結婚式は感慨もひとしおで、大本命がきた!って感じ。

よく体がもったと思うけど、案外こうやって気を張ってるとなんとかなるもの。
落ち着き始めた頃が危ない。
遂にやってしまった、入社以来初めての遅刻。2分ほど。
私にとってはかなりショッキングな出来事で、罪ほろぼしにと
せっせと雑用をこなしてみたりした。
友人には「遅刻したことないなんて偉いねー」と誉められ?不思議な気分になったケド(笑)
posted by せろり at 00:55| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。