2005年05月08日

可睡斎→油山寺

牡丹の見頃も終わりかけの可睡斎の牡丹苑。
修行僧が座る受付には、入苑料「7割引き」と。

「牡丹色」とはこのことらしい。牡丹色

百花の王と言われるだけあって、どの花も豪華さを誇っている。
でも私は、白くて花弁の少ない牡丹の方が好き。牡丹

境内にはスピーカーを通したお経が聞こえてくる。少々、イマイチ。


目の霊山といわれる、油山寺。
めっきり、「邪」ばかり見えてしまう私の目のために。南無南無目の霊山

「浄心の鐘」を見つけ、すかさず飛びつく。
叩いてみれば、軽やかな音。心すっきり、頭カラッポ。浄心の鐘



若葉が美しくすがすがしい。静寂な中にうぐいすが鳴いている。
すっかり森林浴を満喫。
特にお寺に興味があるわけではないけれど、スッキリさっぱりして帰宅。
posted by せろり at 00:34| 静岡 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。