2005年04月19日

レッスン

発表会が終わり、教室の合奏のイベントも終わり、久しぶりに通常の練習曲を開始。
新鮮な気持ちで、教本とエチュードを開く。

教本はViottiのコンチェルト。
こんちぇると〜?!楽譜を覗いてみると小さな音符がびっしり。ところどころ、首の長いエノキの群生地のような箇所もある。このエノキ、とうてい音名をふらなければ対応不可能。
お構いなしに説明をしていく先生の横で、私は必死に音名と指番号を書き込む。

先生によると、エチュードみたいだけど美しく、とてもためになる曲とのこと。
確かに、いい練習になりそうな、ヤナ感じの音符たち。ポジションも1〜8までひとつずつ上がっていき、下がってくる。第8ポジションなんて初めてお目にかかったし、頭は混乱、指はつりそう。

でも、自分の弾けるテンポで時間をかけて練習したいなと思った。


明日はパート練習。ちゃんと見ておくようお達しがあり、悲愴の練習を開始。
四楽章の冒頭に差し掛かった23時頃、雷が激しく鳴りだし、空が荒れてきた。
なんだか叱られてるような気がして、楽器をしまった。音、ひどかったかなぁ。
posted by せろり at 00:27| 静岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。