2005年03月01日

お雛様

お雛様を出した。
付けっ放しのテレビから流れた「アブラハムには七人の子〜、一人はのっぽで、あとはチビ〜♪」を母と口ずさみながら。

お雛様は叔母の手作り。幼少の頃、大好きな叔母の家に遊びに行くと、一体一体、丁寧にお雛様を作り上げていたのを思い出す。
お雛様全体

私の部屋の1/4を占め、寝相が悪いものなら、倒してしまいそう。しばらくは生活空間が狭くなってしまうけど、やはり嬉しく、しばらく見入ってしまう。
一年ぶりに目覚めるお雛様には、しっかりと寝癖がついている。
玉ねぎ頭でない、ストレートヘアが可愛らしい。
ふたり


弓をもった姿、口をつぐんだ顔がりりしい左大臣は、一番のお気に入り。
左大臣



ここ数年、母がお雛様をしまうタイミングを気にしだしたふらふら

posted by せろり at 23:05| 静岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定期演奏会


昨日は定期演奏会。それぞれの立場の人のそれぞれの思いが詰まったいい演奏会だった。
私にとって2回目の定期演奏会。目標は、最後まで諦めないこと、全曲乗ること。


本番は、本当に本当に楽しかった。ヴァルスは、四方からワルツの波に包まれ、なんだかとても楽しく気持ちよかった。
新世界も自分の出来る範囲で頑張れたと思う。こういう有名で迫力のある曲を演奏できるのって、本当に素晴らしい経験だと嬉しく思った。

思えば、ヴァルスの楽譜を初めて見たときは、卒倒しそうだった。弾いたことないハイポジション、グリッサンド、オクターブの記号?
CDを聞けば聞くほど、ヴァルスに魅力を感じるものの、一体何をしていいのやら分からない。。
前日、前々日の練習でようやく理解できた箇所もあった。
アンコールに至っては、本番当日、乗せていただいた車中でMDを流し、一緒に歌ってもらいながら会場まできた。アンコールって、それ程練習しないから、到底私にはついていけなくて。。


演奏会にきてくれた友人は口々に、「団員のみんながとても楽しそうで、いい雰囲気だね。」と言ってくれた。そう、私がお客として聴いていたときも、そう思った。この雰囲気が舞台から伝わってきて、このオケに憧れたんだった。きっと打ち上げは楽しく盛り上がるんだろうなって思ったんだっけ。入団してみたら、やっぱりそうだったな。

本当に色んな方に、教えていただき、励まされ、私にとって楽しい演奏会だった。感謝の気持ちでいっぱいです。でも、本番ってあっという間に終わってしまうのね。寂しい。。


今日は、定演が終わったらやろうと思っていたことが山積していたので、のんびり片付けた。ヴァルスと新世界のCDを聴き、昨日の余韻に浸りながら。。(有休だったのら♪)
posted by せろり at 00:51| 静岡 ☁| Comment(14) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。