2005年02月13日

馬子にも

という歳ではないのだけどふらふら

土曜日に中高時代のテニス部仲間の結婚式に行った。6年間一緒の仲間は、久々に会っても変わらぬ関係でほっとする。話は咲く、満開に。


数年前までお正月に着物を着たりしたが、最近はすっかり着ることもなくなってしまった。
式場が浮月ということもあって、久しぶりに着物を着た。
叔母の中振袖。白と桃色のグラデーションの地に色とりどりのお花が散っているもの。
帯は黒地に桐の花が刺繍されている。
昔風の柄合いがとにかく気に入って、成人式の時に仕立て直したもの。

今回着物を着る際に、母の中振袖も吟味された。
ベージュ地にグリーンの松。赤いお花の刺繍が施されている。
成人の時は、渋いのぉと難色を示した私だけど、この歳になって、そちらの方が素敵に見える。
が、サイズが全くもって合わないことが判明したため、訪問着へ仕立て直しに出した。2ヶ月後の完成がとっても楽しみ。

母や叔母は、亡くなった祖母が喜んでるはずと、しみじみ言うが、私の方こそ、祖母が選んだ母の着物を着られるのをとても嬉しく、ありがたいと思う。


9人の仲間のうち、5人が振袖でとても華やか。花嫁さんもとても喜んでくれた。
それにしても、苦しすぎ。せっかくのおいしいお料理がほとんど喉を通らなかった(爆)


友人との話はいつまでたっても尽きない。別れを惜しみつつ、急いで帰宅しオケの練習へ。
ジーンズに着替え、乾ききらない髪のまま慌てて家を飛び出した私に「すごい変わりようね」と母が笑った。

posted by せろり at 00:44| 静岡 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。