2005年01月30日

ハニワの桧舞台

今日は発表会だった。@AOI
ピアノ、バイオリン、ビオラ、チェロを習っている子供から大人まで、総勢60名弱が強制参加。私も習い始めて以来4回目の参加。

待ち時間に戸隠に行ったところ、くれ竹さんに遭遇。
「今日は発表会なの。」なんてことはとても言えなかった。。
ここで私は、一緒にいたバイオリン友達にしみフィル定演の「確約」をとりつけ、にんまり。


リハから出番までが相当長い。
その間、リハ室でひたすら練習。参加費2万円だから、皆、最後のアガキは必死(爆)
今回は、コレルリのソナタを選曲。
構成が比較的分かりやすく形になりやすかったため、楽譜に書かれている横文字や記号を大切に弾くことを目標にした。
ピアノの先生は、時間外の練習にも快く付き合ってくださった。
そんな先生の姿勢や指導がとても嬉しく、私の練習にも火をつけた。


そんなこんなで迎えた本番。最後まで十分あがいたぞという満足感からか、全く緊張しなかった。
もともと緊張しててもそうは見えないらしいが、今回は自分でも驚くほど動じず、
弾き切った瞬間に笑顔で退散した。
そのヒョウヒョウ感、動じない無表情さは、
最後の笑顔を除けば、ハニワ度90%であった。

伴奏と合った!という楽しさや喜びも、今回初めて感じたことだった。今までは、極度の緊張の中、弾くことに必死で、伴奏のことなんて考えられなかったから(苦笑)


発表会前はやだなぁって思うけど、終わった後はすがすがしい。
私の今までの軌跡を見ていてくれる親友や両親の評価もとても嬉しい。



とは言うものの、次回の発表会が今年中にあると聞いて、やっぱりぶる〜に。
だって、AOIですよ、ホールが泣きますたぃ。

posted by せろり at 23:47| 静岡 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。